トップ > 斉藤隆文(オル太)個展「おぼろげな凱旋ス -屁理屈めいた肉-」
  

斉藤隆文(オル太)個展「おぼろげな凱旋ス -屁理屈めいた肉-」

開催期間2018年5月22日(火)~2018年6月17日(日)
休館月曜, 5月29日[火]休業
時間11:00-21:00(5月迄), 12:00-20:00(6月以降)
会場コ本や honkbooks
ホームページhttp://honkbooks.com/post/173887499011/saito-takafumi
住所東京都北区王子1丁目6−13 松岡ビル
お問い合わせ先E-mail honkbooks@gmail.com  Tel. 03-5944-6990
斉藤隆文(オル太)個展
・展覧会概要
斉藤隆文(オル太)は、本展を「自分自身の立ち位置を確認する装置」として位置づけている。現在を逆照射することを主題に掲げて、家族やコミュニティといった親密圏からそこに潜む身体性や言語に着目して、歴史を語りの詩学として捉え直す表現活動を展開している。祖父から歌い聞かされた日露戦争に関する「しりとり歌」をきっかけにした「おぼろげな凱旋ス」展(2015年, Art Center Ongoing)を構成し直すかたちで、記憶を伝承する身体性や、歴史を語る技法をめぐって、3年越しに改めて迫っていく。具体的には、祖父母と私的な記憶の連関を重ねることによって生成されたオブジェから、同時代的な意味を投げかける。

・イベント
1.トークイベント 5月27日[日] 18:00-19:30
金川晋吾[写真家]×斉藤隆文(オル太)
参加料500円/定員15名/要予約(http://saito-talk.peatix.com/)

2. ワークショップ「食しかた」 6月3日[日] 18:00-20:00
山田亮太[詩人]×斉藤隆文(オル太)
言葉遊びのように、ルールと事象が繋がっていく、本展覧会に準ずるワークショップです。詩人の山田亮太さんをゲストに迎え、参加者それぞれが文章を作り、出来上がった文章を食す試みをします。
参加料1000円/定員10名/要予約(http://saito-workshop.peatix.com/)

3. オル太 ドローイング大会 6月5日[火] 19:00−
オル太とコ本やによる朗読とドローイングのイベントです。一冊の本を参加者が順番で朗読し、周りの参加者はそれを聴きながらドローイングを描きます。毎月第1火曜日開催予定。
朗読本「盲者の記憶―自画像およびその他の廃墟」ジャック・デリダ
参加料カンパ制/予約不要


斉藤隆文(オル太) SAITO Takafumi(OLTA)
美術家。1986年千葉県生まれ。2012年に多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修士課程を修了。2009年よりアーティストコレクティブ「オル太」として活動を行う。作品を装置に置き換え、自身が介入し現在に潜む狂気や歪みをあぶりだそうと試みている。個展「おぼろげな凱旋ス」(Art Center Ongoing、東京、2015年)主なグループ展に「犬が西向きゃ尾は東」(Art Center Ongoing、東京、2014年)、「脳に映るは移る日蝕」(akibatamabi21、東京、2012年)など。映像上映に「COVERD TOKYO:Hikarie」(Hikarie、東京、2014)、「Experimental Film and Video Festival In Seoul」( KOREAN FILM ARCHIVE、韓国、ソウル、2014)がある。


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.