トップ > 幕末明治と高台寺——幕末の志士たちが歩いた道
  

幕末明治と高台寺——幕末の志士たちが歩いた道

開催期間2018年6月16日(土)~2018年10月14日(日)
休館なし(※ただし、やむを得ず展示替などで休館となる場合があります)
時間午前9時30分~午後6時
会場高台寺掌美術館
ホームページhttp://www.kodaiji.com/museum/
住所京都府京都市東山区高台寺下河原町530 京・洛市「ねね」2階
お問い合わせ先075-561-1414
 幕末の混乱する政治情勢のもと、高台寺のある京都東山地域は、幕臣や勤王の志士たちが行き交う歴史の舞台でした。
 幕末から明治にかけての時期(19世紀半ば)は、動乱の転換期といわれます。この時期の高台寺は受難の時を迎え、多くの建物を焼失しました。
 しかし明治時代になると、世の中に豊臣秀吉顕彰の動きが見られ、その影響は京都にも及びました。豊臣家にゆかりのある高台寺は、その支援する人々から寄進をうけて再興の道をたどり始め、幾多の苦難を経て新しい時代を迎えました。
 今回の展覧会では、今まで紹介されることが少なかった幕末維新を中心に、江戸時代後期以降の高台寺の様子を伝える作品資料を公開します。また、動乱期に高台寺が守り伝えた桃山文化の代表的文化財と、明治時代に新たに寺へ寄進された品々をあわせて紹介いたします。
うごくとまる
2018/6/30~2018/9/30

トップへ
元永定正展 おどりだすいろんないろとかたちたち
2018/7/14~2018/9/30
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.