トップ > 三つの体、約百八十兆の細胞
  

三つの体、約百八十兆の細胞

開催期間2018年6月30日(土)~2018年7月8日(日)
休館※休館日:7/2(月)
時間13:00-19:00
会場フラッグスタジオ
ホームページhttps://enokojima.info/event/2056
住所大阪府大阪市西区江之子島2-1-37 阿波座ライズタワーズ フラッグ46 1階
お問い合わせ先studio@bocode.co
「三つの体、約百八十兆の細胞」とは早川祐太、高石晃、加納俊輔の三人のアーティストによる共同制作実験です。三名それぞれが扱う彫刻、絵画、写真という異なるメディウムの混合による制作実験を3年以上に渡り断続的に展開してきました。そこでは、フィックスされた作品の完成よりも、制作プロセスに重点を置くことで、「現象」「造形」「圧縮」という各作家がもつ表現形式を再検証し、更新することを目的としています。

展覧会タイトルの「三つの体、約百八十兆の細胞」とは、制作している三人のアーティストの身体を180兆の細胞の集合(一人あたりの細胞は約60兆)として捉えることで、モノである作品を含めた制作現場全体がひとつの現象となる瞬間のイメージを表しています。

今回、これまでに共同制作した作品、制作のプロセスで発生する様々なもの、またそこから個々の作家により新たに展開させた作品をフラッグスタジオで展示します。



会場:フラッグスタジオ
会期:2018年6月30日(土) – 7月8日(日) ※休館日:7月2日(月)
時間:13時 – 19時
オープニングパーティー:6月30日(土)17時–19時
観覧料:無料

協力:Maki Fine Arts、HAGIWARA PROJECTS
共催:A&Lマネジメント(DECOBOCO)

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.