トップ > 第13回 スクリーンに映画がかかるまで~映画予告篇制作の第一人者・池ノ辺直子さんによる予告篇のすべて~
  

第13回 スクリーンに映画がかかるまで~映画予告篇制作の第一人者・池ノ辺直子さんによる予告篇のすべて~

開催期間2018年7月29日(日)~2018年7月29日(日)
休館会期中無休
時間13:00-15:00(12:30開場)
会場スパイラルルーム(スパイラル9F)
ホームページhttp://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2676.html
住所東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ先E-mail school@spiral.co.jp  Tel. 03-3498-1171
~映画予告篇制作の第一人者・池ノ辺直子さんによる予告篇のすべて~

映画館で本編前に流されるさまざまな映画の予告篇。
数十秒という短い間にいかに映画の魅力を伝え、観客を増やすか。時にはそれ自体が作品のように人々の興味を惹きつけます。今回は予告篇の制作に30年以上携わる映像ディレクターの池ノ辺直子さんをゲストにお迎えします。

池ノ辺さんは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズをはじめ『トップガン』『ボディーガード』『羊たちの沈黙』『フォレスト・ガンプ/一期一会』など多くの名作の予告篇を手掛けてきました。「映画が大好きなバカばっかりの職人」が集まった映像制作会社バカ・ザ・バッカの代表取締役として、現在も数々の話題作を制作。最近では『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』『ボンジュール・アン』『スリー・ビルボード』『シェイプ・オブ・ウォーター』などなど、映画好きであれば誰もが一度は池ノ辺さんの作品と出会っているかもしれません。

本講座では、映画との出会い、予告篇に込める思い、印象に残っている予告篇など、さまざまなエピソードを伺います。映画業界において長いキャリアを持つ池ノ辺さんから学ぶことはたくさんありそうです。

映画ファンはもちろん、映像制作に興味のある方には必聴の講座です。是非ご参加ください。

お申込み方法など詳しくはこちら↓
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2676.html

■開催概要■
開講日:2018年7月29日(日) 13:00-15:00(12:30開場)
会場:スパイラルルーム(スパイラル9F)
   東京都港区南青山5-6-23
受講料:3,000円(飲み物代込/税込)
定員:40名

主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
コーディネーター:平山 玲

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.