トップ > UMARTs 2018-うまからうまれるアート展
  

UMARTs 2018-うまからうまれるアート展

開催期間2018年8月1日(水)~2018年9月1日(土)
休館月・火曜日(祝日・振替休日は開館し、直後の平日が休館)
時間10:00〜17:00(土・日曜日) 10:00~16:00(平日)
会場JRA競馬博物館
ホームページhttp://www.bajibunka.jrao.ne.jp
住所東京都府中市日吉町 1-1 JRA東京競馬場内
お問い合わせ先umarts2018@gmail.com
チラシ(表)
チラシ(裏)
 今から四千年以上前に、家畜として人間とともに生活をするようになって以来、私たちの生活に深く関わってきた馬。身近な存在であったため、馬は多くのアート作品の題材となってきました。しかし時が経ち、機械化・産業化が進むにつれて生活が大きく変わっていくと、日々の生活の中で馬と関わることが少なくなっていき、それとともに馬がアート作品の創造の源泉となることも少なくなっていきました。そうした今、馬の魅力を再発見・再考し、若きアーティストとキュレーターの提案の場となる「UMARTs 2018うまからうまれるアート展」を開催いたします。今回で6回目となる本展では武蔵野美術大学にゆかりのあるアーティストたちが馬を五感で体感し、生み出した様々なアート作品を、芸術文化学科の学生が展示するとともに、馬や馬文化に親しむワークショップを行います。馬から生まれた作品やワークショップを通して、様々な馬と馬文化の魅力をお楽しみください。


◎UMARTs2018 ワークショップ 『つくってウマれる!』
2018年 8月4日(土)5日(日) 開催時間 11:00〜16:30
申し込み不要 参加費無料 随時参加可
アートを通じて「馬」と「馬文化」をもっと知ってほしい、感じてほしい。そんな想いから武蔵野美術大学の学生が3つのワーク ショップを企画しました。夏の思い出作りに是非ご参加ください!

*つくってトコトコ!UMARTsこまくらべ
1000年も前から良い馬を選ぶために行われてきた「競馬式(こまくらべ)」。今も府中・大國魂神社のくらやみ祭で行われています。トコトコ走るかわいい馬を作って、「こまくらべ」をしよう!
*願いをこめて〜うまもり&張り子うま〜
「うま」と「おまもり」が合体した「うまもり」。日本各地で作られてきた和紙の張り子に、自由に色を塗って作る「張り子うま」。生まれた「うま」を大切にして、みんなの願いを叶えよう!
*作って、つけて、応援しよう!ミサンガ作り!
馬になるジョッキーが着ている「勝負服」のこと知っているかな?勝負服と同じ色のミサンガをつけて、馬を応援しよう!かっこいい編み方教えるよ!
京都dddギャラリー第218回企画展 田名網敬一の現在 -Keiichi Tanaami Dialogue
2018/8/28~2018/10/23

トップへ
TOKAS夏のこどもワークショップ 「LITTLE FINGERS BIG ART 2018」
2018/8/19~2018/8/19
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.