トップ > 没後50年記念 加藤土師萌展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン
  

没後50年記念 加藤土師萌展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン

開催期間2018年9月8日(土)~2018年11月4日(日)
休館月曜日(ただし9月17日、24日、10月4日は開館)、9月18日、10月9日 *加藤土師萌命日の9月25日(火)は特別開館
時間10:00-18:00(入館は午後5時30分まで)
会場岐阜県現代陶芸美術館
ホームページhttp://www.cpm-gifu.jp/museum
住所岐阜県多治見市東町4‐2‐5 (セラミックパークMINO内)
お問い合わせ先E-mail museum.1@cpm-gifu.jp  Tel. 0572-28-3100
加藤土師萌(かとうはじめ・1900-68)は、富本憲吉と並んで色絵磁器の陶芸家として広く知られています。1900年、愛知県瀬戸に生まれて地元で図案を学んだ後、多治見の岐阜県陶磁器試験場に迎えられ、さらには横浜の日吉に窯を築き、陶芸家として独立しました。1955年には東京芸術大学教授となって教鞭を執るかたわら、苦心の末に中国色絵磁器のなかでも最も難しいとされた「黄地紅彩」や「萌葱金襴手」などを再現し、1961年に色絵磁器で人間国宝に認定されています。晩年、皇居新宮殿におさめる萌葱金襴手菊文蓋付大飾壺の制作に没頭し、完成間近の1968年に他界しました。
 本展覧会は、加藤土師萌の没後50年を記念し、初期の岐阜県陶磁器試験場で制作された作品をはじめ、その後の横浜時代に手掛けられた多彩な技法による作品、海外を訪れた際の街並みや陶磁器を描いたスケッチなどによって、幅広い創作活動を紹介します。
世田谷アートタウン2018『三茶de大道芸』ボランティア募集
2018/9/1~2018/10/21

トップへ
花木テンミ展 hophlanny sonar ABSTRACT FACE
2018/10/16~2018/11/4
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.