トップ > 中沢研展
  

中沢研展

開催期間2018年9月11日(火)~2018年11月24日(土)
休館日・月・祝日
時間11:00 − 19:00
会場アンドーギャラリー
ホームページhttp://www.andogallery.co.jp
住所東京都江東区平野3-3-6
お問い合わせ先E-mail office@andogallery.co.jp  Tel. 03-5620-2165
四角 2018 Steel
四角 2018 Steel
中沢研は1970年東京都生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了。主な展覧会に「MOTアニュアル1999 ひそやかなラディカリズム」(東京都現代美術館)、「横浜トリエンナーレ2001」(パシフィコ横浜)などがあります。針金やテグスなど視覚的ヴォリュームが希薄な素材を用い、展示空間に呼応したインスタレーションを制作する作家として国内外で高い評価を得ています。
本展では「四角」と題された新作インスタレーションを発表いたします。「柵」のイメージから着想を得たという本作は、直径3mmの鉄材のみという最小限の素材で構成されています。床と平行に200×40cmの長方形の枠が上下2段あり、それを支えるようにして高さ65cmほどの鉄棒約20本を垂直に溶接したものがオブジェの基本の形となっています。これとほぼ同型のオブジェが計21体、ゆるやかに列をなして空間に配置されており、少し離れたところから作品を眺めると、個々のオブジェが互いに関連しながら全体を形作り、線で描かれた一つの絵画のようにも見えます。
昨年刊行された中沢の作品集『Ken NAKAZAWA』のなかで、星野太氏は次のように述べています。「中沢の作品において重要なのは、単純な線や面を構成する形態が、時に意味を付与された形象として現れたり、時にただの物体として知覚されたりする、その絶え間ない交替の運動そのものである。中沢の作品は、そうしたわれわれの認知作用そのものを批判にかけるのだ。《4列》をはじめとする中沢研の近作は、その作品を注意深く見る者のうちに、以上のような経験を惹起する。ただし、その引き金となっているのは、算術的な規則への傾倒でもなければ、物質的な現前への信仰でもない。そこで生じている形態の明滅は、この美術作家の紛れもない「理性」の産物である。」
中沢の提示する新たな世界をどうぞご高覧ください。
没後50年 山口薫先生からきみたちへ
2018/9/23~2018/12/2

トップへ
追悼 山﨑巖・小林順二 展 ~ 地域芸術をつないで ~
2018/9/29~2018/11/30
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.