トップ > UCNV個展「二個の者が same space ヲ occupy スル」
  

UCNV個展「二個の者が same space ヲ occupy スル」

開催期間2018年8月28日(火)~2018年9月24日(月)
休館月曜定休、9月17日[月祝]、9月24日[月]は営業/翌日休業
時間12:00-20:00 
会場コ本や honkbooks
ホームページhttp://honkbooks.com/post/177260545591/ucnv
住所東京都北区王子1-6-13
お問い合わせ先honkbooks@gmail.com
二個の者が same space ヲ occupy スル
UCNV個展「二個の者が same space ヲ occupy スル」

会期|2018年8月28日[火]-9月24日[月]
※月曜定休、9月17日[月祝]、9月24日[月]は営業/翌日休業
会場|コ本や honkbooks 〒114-0002 東京都北区王子1-6-13
JR京浜東北線、東京メトロ南北線「王子駅」より明治通り沿い徒歩5分
時間|12:00-20:00 
tel|03-5944-6990|web|http://honkbooks.com

〈トークイベント〉
永田康祐 × 青柳菜摘 × UCNV
「インスタレーションの質」 2018年6月23日(土)18:00-※プレイベントとして終了

dj sniff × 谷口暁彦 × UCNV
「プレイヤーをプレイヤーがプレイすること」 2018年9月22日(土)18:00-
参加費1000円/定員20名/要予約(https://ucnv-sn-hk.peatix.com)

大谷能生 × 伊村靖子 × UCNV
「二個の者がsame spaceヲ occupyスル」 2018年9月14日(金)19:00-
参加費1000円/定員20名/要予約(https://ucnv-ot-im.peatix.com)

プロフィール|
ucnv
プログラマー・アーティスト。コンピュータ上で画像や映像を破損させるプログラムを開発し、2012年頃より、それらを用いてパフォーマンス・展示等を始める。人間の感性ではなく、デジタルメディアの条理を起点にした作品を制作する。主な展覧会に、「New Vulnerability」(Cultivate、2012)、「Open Space 2013」(ICC、2013)、「Vacant Room」(SOBO、2015)など。現在、21_21 DESIGN SIGHTにて「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」に出品中。
https://ucnv.org/

dj sniff
1978年生。ターンテーブル奏者、DJ、キュレーター。オランダのSTEIM電子楽器スタジオで2012年までArtistic Directorとしてリサーチ、キュレーション、レジデンシープログラムを任される。演奏家としてはターンテーブルと独自の演奏ツールを組み合わせながら実験音楽/インプロビゼーション/電子音楽の分野で活動。2017年まで香港城市大學School of Creative Mediaで客員助教授を務め、現在は東京に拠点を移しアジアン・ミーティング・フェスティバル(AMF)のコ・ディレクターを務めている。
http://www.djsniff.com/

谷口暁彦
アーティスト。多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース専任講師。 メディア・アート、ネット・アート、映像、彫刻など、さまざまな形態で作品を発表している他、渡邉朋也とともに、新宿・思い出横丁で発見されたメディアアートにまつわるエフェメラルでアンフォルメルなコミュニティ、思い出横丁情報科学芸術アカデミーの一員としても活動。主な展覧会に「[インターネット アート これから]―― ポスト・インターネットのリアリティ」(ICC、2012)、個展に「スキンケア」(SOBO、東京、2015)、「滲み出る板」(GALLERY MIDORI.SO、東京、2015)など。
https://okikata.org

大谷能生(おおたに・よしお)
1972年生。音楽/批評。JazzDommunisters、蓮沼執太フィル、呑むズ(with T.Mikawa/HIKO)、MJQT、sim、masなどジャズを中心に多くのグループやセッションに参加。チェルフィッチュ、東京デスロック、中野茂樹+フランケンズ、岩渕貞太、鈴木ユキオ、大橋可也&ダンサーズ、室伏鴻、イデビアン・クルーなど、舞台作品にも数多く関わる。近作はアルバム『JazzAlternative』(2016/Blacksmoker)、舞台『ホールドミーおよしお』(2017/オフィスマウンテン)、著作『平岡正明論』(2018/eleking-books)など。
http://www.ootany.com/

伊村靖子
情報科学芸術大学院大学[IAMAS]講師。近年は、アートとデザインの歴史的区分を再考することにより、芸術と商業活動、産業との横断的な表現領域を研究対象とする。共編に『虚像の時代 東野芳明美術批評選』(河出書房新社、2013年)。論文に「「色彩と空間」展から大阪万博まで──60年代美術とデザインの接地面」(『美術フォーラム21』第30号、醍醐書房、2014年11月)など。

お問い合わせ= honkbooks@gmail.com
撫子 凛 高橋 竜男 山川 空「平成浪漫展」
2018/9/12~2018/10/7

トップへ
ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」〈ゲスト:西田司〉
2018/9/24~2018/9/24
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.