トップ > 地点『ワーニャ伯父さん』
  

地点『ワーニャ伯父さん』

開催期間2018年9月8日(土)~2018年9月16日(日)
休館9月12日
時間いずれも開演20:00(開場は開演の30分前)
会場アンダースロー
ホームページhttp://chiten.org/
住所京都府京都市左京区北白川久保田町21地下
お問い合わせ先E-mail info@chiten.org  Tel. 080-6189-9226
〈地点によるチェーホフ四大戯曲連続上演〉シリーズが帰ってくる!?
人気のレパートリーでありながら2015年以来封印されていた『ワーニャ伯父さん』
新演出で再びアンダースローへ!!

チェーホフが『かもめ』の次に書いたのは、47歳の中年男性、鬱憤でいっぱいのワーニャとその姪・ソーニャの物語。田舎屋敷で展開する愚痴の応酬、惨めな失敗に終わるピストル騒ぎ……。華やかさとは無縁な、地味なことこの上ない話にも関わらず、地点版では伝説的なラストシーンの魅力もあいまって、多くの観客の心を掴んできました。特に今回、演出の三浦が試みるのは、この物語に、チェーホフによるサハリン島までの旅の記録『シベリヤの旅』を掛け合わせること。ルポルタージュの先駆けとも言われるこの手記により、チェーホフの冷徹とも言えるまなざし、その視線がとらえた〈どうしようもなさ〉を炙り出します。
チェーホフが見ていた「絶望」は100年以上前のロシアで、未開の地に暮らす人々が抱えていたものに過ぎないのか。2018年の現代日本、京都の稽古場で、人間の本性を巡る思索は続いています。一方で、レパートリーをリニューアルするにあたり、アンダースローならではの空間造形についてもアイディアが飛び出しました。一皮剥けた『ワーニャ伯父さん』をお届けできると自負しております。どうぞご期待ください!


作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清
演出:三浦基

出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気

美術:杉山至
衣裳:堂本教子
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
舞台監督:大鹿展明
制作:田嶋結菜


2018年
9月8日(土)20:00
9月9日(日)20:00
9月10日(月)20:00
9月11日(火)20:00
=
9月13日(木)20:00
9月14日(金)20:00
9月15日(土)20:00
9月16日(日)20:00


開場は開演の30分前
上演時間:約75分(予定)


会場:アンダースロー 京都市左京区北白川久保田町21地下 地図はこちら
料金:一般3,000円 学生2,000円
予約:
▶合同会社地点
WEB予約(http://chiten.org/underthrow_form/)またはTEL. 080-6189-9226
▶ローソンチケット
▷http://l-tike.com/chiten-ut/
▷ TEL. 0570-000-407(オペレーター予約10:00~20:00 Lコード不要)
▷ローソン・ミニストップ店内Loppi[Lコード: 52074]
▷演劇最強論-ing(手数料無料・チケット代のみで購入可)
http://www.engekisaikyoron.net/


助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.