トップ > RENDNESIA
  

RENDNESIA

開催期間2018年9月24日(月)~2018年9月30日(日)
休館初日18:00から、最終日18:00まで
時間11:00-22:00
会場Gallery Conceal Shibuya
ホームページhttps://www.rendnesia.com/
住所東京都渋谷区道玄坂1-11-3 4F
お問い合わせ先conceal@renovationplanning.co.jp
入場料:¥500(1drink) ※入場した当日のみ再入場可
パーティー:9 月 28 日(金)18:00〜22:00 *¥1,000(1drink)

RE/END/NESIA = 終わりを繰り返す島。造語であり架空の島国の名称。

“過去に起こったことは同じような経過をたどって何度でも起こるものである。”と説いたローマの歴史家の言葉をきっかけに、 時代は繰り返されている事、人間の本質は変わらない事を知る。そこで本展では、進むこと、そして創造し続けていく事を選択 しているのは何故なのかをテーマとした。

「時代の始まりから終わり、そしてその繰り返し」を軸に、3 つのセクションに分けて構成。20 名の作品を空間演出とともに 展示し、架空の島国、RENDNESIA を作り上げる。

謎多き地、RENDNESIAへようこそ



出展者
ABEBE(ペイント/壁画)
HASEGAWA OCTO(グラフィック、映像)
i k e d a a y a k o(アクリル画)
LEO(平面/コラージュ)
NAKAMA ICCO(彫刻)
nenco(平面絵画)
Ralph spieler(写真)
SHOTA ASHINO(写真)
TAKUMI ITOI [I-TOY](写真)
takuyawatanabe(写真)
YUKI UEDA(アパレル)
伊藤惇(写真)
今井 駿介(写真)
オオヤサヤカ(絵画)
大山卓也[THINGS.](映像)
柴崎まどか(写真)
田畑大樹(抽象画)
テラウチギョウ(写真)
星拳五(立体)
三上晏子(彫刻)

協力/空間演出
萩原賢一郎(altiplano)
ひらたあや(劇作家)

企画運営
HASEGAWA OCTO
TAKUMI ITOI [I-TOY]
飯田真央(Gallery Conceal)
Watercolor
2018/9/29~2018/10/20

トップへ
城山 萌々 展 シンギュラリティ-特異点-
2018/9/17~2018/9/29
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.