トップ > 西山功一個展 「消えてしまわないように」
  

西山功一個展 「消えてしまわないように」

開催期間2018年9月11日(火)~2018年10月8日(月)
休館9/23 , 9/25
時間8:00 - 10:30 / 12:00 - 21:00
会場HAGISO
ホームページhttp://hagiso.jp/art/2018_09_nishiyama/
住所東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO
お問い合わせ先E-mail oomingmak.g@gmail.com  Tel. 08032044250
消えてしまわないように
西山功一 「消えてしまわないように」

9月11日[火]- 10月8日[月]

closed on : 9/23 , 9/25


かつて萩荘だったこの建物には、嬉しかったり悲しかったりした生活の物語が染み込んでいて、今でも様々な表情を持っている。
そしてこれからも多くのものを受け入れて、未来も豊かにあるだろう。

この試みでは、ここにあるものを軸に小さな変化を起こし、微かに空気を入れ替えるようなことをしてみた。
この豊かさの中では、透明になりながら少し視点を変えてみるだけで、空間の成り立ちや原理に近づけるのではという気がした。
それはここにいない大事な人の姿をおもうような、私たちの日々の営みにも繋がるはずだ。



This building was previously called “Hagisou”. It stains the story of lives, has various look of joy and sadness.
And It will live with things happen in and about and the future will be well off.

In this work, a little change was made to things in here, just like letting fresh air into the room.
In that wealthiness, I thought I could reach out a structure or how the space formed by changing the transparent viewpoint
There could be something in common between our lives like adoring someone special who doesn’t exist.



西山功一 プロフィール
1992年 Bゼミスクール終了。
主な展示
2017年「光があなたの影を映し出すように」 MUSEE F、
2014年「川崎発、写真の未来展」川崎市市民ミュージアム、
2013年「PINK ORANGE RED」Gallery RAVEN 、
2013年 「multifold」Art Trace Gallery、
2011年「FotoNoviembre 2011」テネリフェ , スペイン 、
2010年「ながめる まなざす」アップフィールドギャラリー
キュレーション
2013年「Line/Color」益永梢子個展 Art Trace Gallery、
1994年「丘の上からありがとう」生田病院
webサイト:http://www.koichinishiyama.com/


9月14日(金)19:00 –
長島明夫(編集者)を迎えたトークイベント 「建築と日常について(仮)」

参加費:500円(ワンドリンク付)
トーク後、簡単なレセプションがあります。お気軽にご参加ください。

長島明夫 プロフィール
編集者。1979年神奈川県生まれ。2009年より個人雑誌『建築と日常』を編集・発行する。
webサイト:http://kentikutonitijou.web.fc2.com/

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.