トップ > 能舞台と序破急〜隠された関係に迫る!
  

能舞台と序破急〜隠された関係に迫る!

開催期間2018年10月20日(土)~2018年10月20日(土)
時間14:00-17:00
会場大江能楽堂
ホームページhttp://chiten.org/under-throw/culpro/kangeki-kanno
住所京都府京都市中京区押小路通柳馬場東入橘町646
お問い合わせ先E-mail info@chiten.org  Tel. 080-6189-9226
近代以降、舞台芸術の多くは、劇場や能楽堂など、外界とは遮断された建物のなかで演じられます。緞帳のある西洋的なプロセニアム劇場と能楽堂はそれぞれまったく異なる建築ですが、それらは無論、それぞれの表現と深く結びついています。能舞台の建築様式は「序破急」とも関係があった……? 隠された関係に迫ります。

講師:
松永直美
東京・御茶の水の画材店「レモン画翠」(大正12年創業)代表取締役。日本建築学会情報システム技術本委員会委員。能舞台様式と能を構成する舞踏・劇・音楽との関係性について興味をもち研究を行っている。大阪大学大学院工学研究科の博士学位論文に「世阿弥以降の能舞台様式の変化と『序破急(序破急五段)』の関係性の研究」(2017年)がある。

田茂井廣道  
観世流シテ方として幼少より河村晴夫、長じて13世林喜右衛門に師事。公益社団法人能楽協会社員、同京都支部教育特別委員。京都芸術センター主催「素謡の会」ナビゲーター、および「T.T.T.(トラディショナル・シアター・トレーニング)」講師を務める。新作能『田道間守(たじまもり)』を制作し、脚本を担当。重要無形文化財能楽(総合指定)保持者。
地点『だれか、来る』
2018/10/11~2018/10/14

トップへ
世田谷アートタウン2018『三茶de大道芸』当日ボランティア募集
2018/10/20~2018/10/21
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.