トップ > 上原木呂個展「KIRO 2018 -造形的実験、書、仏画-」
  

上原木呂個展「KIRO 2018 -造形的実験、書、仏画-」

開催期間2018年11月13日(火)~2018年12月2日(日)
休館月曜休館
時間11:00-20:00 ※最終日は18:00まで
会場The Artcomplex Center of Tokyo
ホームページhttp://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT185/uehara_kiro.html
住所東京都新宿区大京町12-9 2F ACT5
お問い合わせ先E-mail info@gallerycomplex.com  Tel. 03-3341-3253
上原木呂個展「KIRO 2018 -造形的実験、書、仏画-」


上原木呂個展「KIRO 2018 -造形的実験、書、仏画-」



絵は日々の出来事、上原木呂という個性も名前も消えちゃえ!美醜一如、鬼仏不二。


■会期
2018/11/13(火)-12/2(日)
11:00-20:00 ※月曜休館、最終日は18:00まで

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT5
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT185/uehara_kiro.html

■作家プロフィール
上原 木呂 (1948‐)

1948年 新潟県西蒲原郡(現・新潟市)に生まれ。
1955年 小学校4年生のとき、授業で習ったフロッタージュやデカルコマニーに熱中。
1968年 瀧口修造に出会い、自作の詩を渡す。その後、瀧口アトリエに出入りしはじめる。
1969年 東京藝術大学美術学部芸術学科入学。美学校に入学し、立石鐵臣の細密画工房へ通う。
1976年 イタリアに旅立つ。滞在中、道化作法、舞踊、マイムを学び数々の演劇や映画出演を行う。
1979年 「マックス・エルンスト回顧展」(ハウス・デア・クンスト、ミュンヘン)を見る。
1988年 帰国し新潟に戻る。白黒のコラージュ制作を開始(2003)
2004年 初個展「幻獣圖會」(新潟絵屋)
2006年 バルセロナのミロ財団美術館の依頼で、ミロと瀧口修造の書簡や寄せ書きの収集活動に協力。
2008年 「怪物のユートピア」(ギャラリー蔵織、新潟)国立プラハ美術館の上方浮世絵の収集に協力。
2010年 「上原木呂とマックス・エルンスト」(レーゲンスブルク市立美術館、ドイツ)初の大規模展
2011年 「ヤン・シュヴァンクマイエル、マックス・エルンスト、上原木呂―魔術★錬金術」(アートコンプレックスセンター、東京)
    『眼球國譚』(画:上原木呂ぁ、文:アンティエ・グメルス)出版
2014年 「上原木呂作品展」河鍋暁斎記念美術館。本格的に抽象画の制作を開始。
2015年 市川宗家(海老蔵ファミリー)の主任鑑定人として書画骨董2000点の鑑定整理を行う。
2016年 「上原木呂2016 シュルレアリズム・抽象表現主義・仏画と書」(アートコンプレックスセンター)
    「シュルレアリスムとその展開 マックス・エルンスト 上原木呂(軽井沢ニューアートミュージアム)
     香港INK・ASIA展。
2017年 銀川現代美術館(中国)にて水墨抽象作品を招待展示。
2018年 ギャラリーHANA(東京)麻布十番ギャラリー(東京)、白石画廊忠孝空間(台北)にて個展。
    台北SOGOデパートにてパフォーマンス。
東山魁夷展「詩を奏でる~東山魁夷の四季折々」
2018/10/17~2018/12/15

トップへ
石川真衣、新田美佳 2人展「ふたりの詩情 - Two poetic emotions - 」
2018/11/6~2018/11/11
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.