トップ > 土田泰子展 ~where's a will,there's a way
  

土田泰子展 ~where's a will,there's a way

開催期間2018年12月8日(土)~2019年4月7日(日)
休館月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日、年末年始(12月29日-1月3日)
時間9:30-17:00
会場平塚市美術館
ホームページhttp://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/korekara.html
住所神奈川県平塚市西八幡1-3-3
お問い合わせ先E-mail art-muse@city.hiratsuka.kanagawa.jp  Tel. 0463-35-2111
超BLEND~push befond one's limit~
けじめ~女人ルーティーン~
掴~頂きたくて~
陽光の降り注ぐ高さ11メートルのテーマホールを舞台に、気鋭の現代アーティスト、土田泰子の展覧会を開催します。土田泰子(つちだひろこ、1985年福井県生まれ)は、名古屋芸術大学デザイン学部を卒業ののち、朝日現代クラフト展準グランプリ・阪急百貨店賞や、フランク・ミューラー・アート・グランプリ「求ム。創造の天才。」などに入賞を重ね、幅広く国内外で活躍しています。
土田作品をみて、われわれは3度驚きます。最初は、完璧につくりあげられた美しい造形に。さらに作品の素材が、無数の安全ピンやマドラー、温度計などの日用品であることに自らの常識をくつがえされるような驚きを感じます。3度目に、その素材やサイズ、パーツの個数にいたるまですべてに意味があり作家の深い洞察に基づいていることに驚くことでしょう。
土田作品は「コンセプチュアル・アート」に与すると評されます。アイデアやコンセプトを重視する方向性がそう感じさせるのでしょう。一方その天啓のように浮かぶアイデアの実現には、一つ一つの素材をつむいでいく気の遠くなるような時間と手仕事が必須となります。求道的ともいえる営みが醸すオーラとその芸術世界をご堪能ください。
Medioevo -中世に還る-
2018/11/3~2018/11/16

トップへ
伊藤あずさ展「藍色の風景−空を見上げて−」
2018/11/11~2018/11/17
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.