トップ > ドアノーの愛した街パリ DOBERT DOISNEAU 展
  

ドアノーの愛した街パリ DOBERT DOISNEAU 展

開催期間2018年11月1日(木)~2019年1月20日(日)
休館月曜日(12/24,1/20は開館)
時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場何必館・京都現代美術館
ホームページhttp://www.kahitsukan.or.jp
住所京都府京都市東山区祇園町北側271
お問い合わせ先075-525-1311
市役所前のキス 1950年
ピカソのパン 1952年
斜めの視線 1948年
このたび「ドアノーの愛した街パリ ROBERT DOISNEAU展」を開催いたします。
 ロベール・ドアノーは世界で最も人気のある20世紀を代表する写真家です。パリ郊外のジョンティイに生まれ、石版画を学んだ後、18歳頃より本格的に写真の世界に入ります。雑誌『ヴォーグ』や『ライフ』などに写真を提供し、短編映画の制作に携わる傍ら、生涯に渡りパリとパリに生きる人々を撮影し続けました。雑踏の中を自由に歩き廻りとらえた数々の情景は、ドアノーの持つ洗練されたエスプリとユーモアで鮮明に写しだされています。カメラという機械を感じさせない彼の写真は、まるで一瞬のドアノー自身のまばたきであるようです。「写真は創るものではなく、探すものだ」というドアノーの言葉の中に、数々の作品を生み出していった彼の確たる姿勢が感じられます。
 本展は、何必館コレクションの中から、「子供達」「恋人」「酒場」「街路」「芸術家」の5つのテーマで構成し、サイン入りオリジナルプリント約60点の作品を展覧いたします。この機会に是非ご高覧下さい。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.