トップ > 東影智裕 Tomohiro Higashikage: Living in Light
  

東影智裕 Tomohiro Higashikage: Living in Light

開催期間2018年12月22日(土)~2019年2月2日(土)
休館日曜 ・祝日・冬季休暇 (2018年12月28日 - 2019年1月4日)
時間13:00 - 19:00
会場ギャラリーノマル
ホームページhttp://www.nomart.co.jp/gallery/exhibition/2018_higashikage.php
住所大阪府大阪府大阪市城東区永田3-5-22
お問い合わせ先info@nomart.co.jp
後援:ポーランド広報文化センター
   日本ポーランド協会関西センター
   特定非営利活動法人フォーラム・ポーランド組織委員会

■ 初日トーク・イベント : 2018.12.22 sat 17:00 - 無料
トーク:東影智裕 x 不動美里 (姫路市立美術館 副館長)
* 終了後、オープニング・パーティーを開催

■ 最終日 関連イベント : Closing Performance "Living in Light"
2019.2.2 sat open 19:00 / start 19:30 -
料金: 前売 2,000円 / 当日 2,500円 (どちらも1drink付)
出演: .es (ドットエス: 橋本孝之 & sara)


静寂を包む光と、息づくいのち
東影智裕 ギャラリーノマルでの初個展開催

ウサギやウシといった動物の頭部をモチーフにした彫刻作品で知られる現代美術家 東影智裕。緻密な毛並みに覆われた精巧な作品群は一見すると写実的ですが、自身の記憶をたぐり寄せて形成される姿形はどこか不思議な違和感と余韻を残します。“生と死”を根幹のテーマに持つ東影の作品は、相反する要素の境界を曖昧なものにしながらも毅然たる存在感を放ち、リアリティとイマジネーションを共存させたまま静かに空間に佇みます。
近年では顔の一部分をかろうじて残すフォルムや緩やかにうねる表皮など、生命の気配を残しながら繁殖する毛並みそのものに注目した、より抽象的なアプローチを試みています。

<ポーランド滞在を経て新たな境地へ − 意欲的な新作を発表>

第27回五島記念文化賞を受賞した東影は、海外研修として2017年初春よりポーランドの古都クラクフに1年間滞在。クラクフでの暮らしで東影が最も印象に残ったのは、歴史ある街並みに溢れる光と影の美しさだったと言います。
帰国後初の新作展となる今展「Living in Light」では、プロジェクターでギャラリー空間に光を投影。穏やかな空気感を感じさせるインスタレーションとして作品を展示いたします。
樹脂で成形しアクリルで彩色した彫刻に加え、パネルに樹脂を覆わせる平面作品、小品のドローイングなど、多様な表現で展開される新作を静謐な空間の中でご覧いただきます。

展覧会初日となる12/22(土)17時からは、東影をよく知る姫路市立美術館 副館長の不動美里氏を招きトークイベントも開催。
東影智裕のギャラリーノマルでの初個展、是非ともご高覧下さいませ。


<作家コメント>

Living in Light

五島記念文化財団の助成を受け、3月末までポーランドの古都クラクフで一年間滞在。その生活のなかでひときわ印象に残ったことが、日本での生活では感じることのなかった光の陰影です。差し込むような強い光から穏やかな日の光、中世から残る建物の計算された採光、そのどれもが美しく、今まで気にも止めていなかった自然の陰影にとても興味を惹かれるようになり、美しい街並みのクラクフから帰国するのがとても名残惜しかったのですが、日本に戻り、今まで何度も見ていたはずなのに気にも止めていなかった、山並み、山間の道路、道端の小さな祠など、緑豊かな景色や湿度を感じる光がとても美しく目に映り、今まで何を見て暮らし制作していたのだろうと感じます。視点の変化した目で自分自身の内面、作品と向き合い、新たに得た感覚を咀嚼し次へと向かう、木漏れ日や薄光の中に何かを感じる静かで落ち着いた時間を作りたい。

東影智裕 Tomohiro Higashikage
向井三郎「うしろ歩き - 2005年からの素描」
2018/12/12~2019/1/14

トップへ
『民具 MINGU展』
2018/12/14~2019/1/14
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2018 Artefactory Inc. Allrights reserved.