トップ > 文学部古文書室展 VI 江戸時代の貨幣と人々の暮らし 
  

文学部古文書室展 VI 江戸時代の貨幣と人々の暮らし 

開催期間2019年1月21日(月)~2019年2月8日(金)
休館土・日・祝日休館
時間10:00 - 17:00
会場慶應義塾大学アート・スペース
ホームページhttp://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/the-world-of-paleography-vi/
住所東京都港区三田2-15-45
お問い合わせ先E-mail ac-tenji@adst.keio.ac.jp  Tel. 03-5427-1621
「午ノ田方御年貢石代受取帳」(寛政 10年)など
本展で展示される日本近世の金銀貨(慶應義塾大学メディアセンター所蔵「貨幣コレクション」より)
 今日の我々は、貨幣と全く無縁の生活をすることは不可能です。このように社会に広く貨幣が行き渡り、人々がそれに左右されながら生活するようになったのは、日本では江戸時代からでした。
 本展では、江戸時代の経済成長とともに人々が貨幣との関わりを深めていったようすを、本学文学部古文書室所蔵の野村コレクションの史料を通して垣間見ます。
ぶんきょういきもの大集合!-生息地は博物館-
2019/2/9~2019/3/17

トップへ
「Roppongi α Art Week 2019「 川本渓太 × しろこまたお」展
2019/2/12~2019/3/2
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.