トップ > 山王美術館 10周年記念展 「コレクションでつづる フランス近代名画展」
  

山王美術館 10周年記念展 「コレクションでつづる フランス近代名画展」

開催期間2019年3月1日(金)~2019年7月31日(水)
休館土曜日・日曜日
時間11時~17時(最終入館 16時30分まで) 
会場山王美術館
ホームページhttp://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum
住所大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 ホテルモントレグラスミア大阪22階
お問い合わせ先06-6645-7111
展覧会チラシ
ジャン=フランソワ・ミレー≪鶏に餌をやる女≫1851-53年、山王美術館蔵
ピエール=オーギュスト・ルノワール≪裸婦≫1918年、山王美術館蔵
オディロン・ルドン≪アポロンの二輪車と大蛇≫1905年、山王美術館蔵
モイーズ・キスリング≪二人の少女≫1941年、山王美術館蔵
山王美術館は、2019年8月に開館10周年をむかえます。
春・夏季のコレクション展では、10周年を記念して「コレクションでつづる フランス近代名画展」を開催いたします。
19世紀から20世紀にかけてのフランス美術は、印象派以降、象徴主義、ナビ派、フォーヴィスムと、さまざまな主義や美学のもと、多様に展開していきました。画家自身の感覚にもとづく、独創的な絵画をめざした芸術運動により、革新的な絵画表現がうみだされ、ルネサンスからはじまる西洋絵画の価値観が大きく変革することとなりました。同時代に活躍した、ミレー、ルノワール、モネ、ボナール、ヴラマンクをはじめとする画家たちにより、西洋絵画史に多彩かつ豊かな実りがもたらされたのです。
本展では、当館においても非常に重要な位置をしめる、これらの作家たちによるフランス近代名画の数々を一堂に展示いたします。展覧会をつうじて、あらためて芸術にふれる喜びを実感いただきますとともに、山王美術館コレクションへの愛着を深めていただければ幸いです。

【入館料】
  
 一般 1,000円
  大学・高校生 500円
 小・中学生 500円(※中学生以下、保護者同伴に限り2名様まで無料

【アクセス】

大阪メトロ各線「なんば駅」30番出口 阪神近鉄「大阪難波駅」西改札 JR「難波駅」よりすぐ


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.