トップ > 盆栽と写真の二人展『松・美・心』
  

盆栽と写真の二人展『松・美・心』

開催期間2019年1月10日(木)~2019年1月12日(土)
時間10:30〜18:30(最終日17:00)
会場Art Gallery M84
ホームページhttp://artgallery-m84.com/?p=5490
住所東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
お問い合わせ先03-3248-8454
@ eguchi_takashi / M84
二人展『松・美・心』は、開園90年以上の歴史を持つ福島にある老舗ぼんさいや『あべ』が、東京で初めての盆栽展示であり、しかも『吾妻五葉松』をアート作品として展示する試みです。またTIFAファインアート部門で金賞を受賞している写真作家 江口敬の『風姿』から選定した、とりどりの色とわずかな線とが組合わさったイメージ「見立て」によるアート作品とのコラボ展示でもあります。盆栽と写真によるアート作品を含め約20点を展示致します。生きている盆栽を展示する都合上、3日間限定の会期となります。

山形と福島の県境に構える吾妻山の五葉松、その景色をお手本に脈々とした「空間有美」と言う作風を作り上げた初代 阿部倉吉氏の意志を引き継ぎ、つくり続けるぼんさいや『あべ』の三代目が、東京で初めて盆栽を展示します。ぼんさいや『あべ』は、五葉松を種一粒から育て、自分たちが仕立てた盆栽を自ら進んで売ることはしてこなかったと言います。そこには、約1世紀の間脈々と受け継がれてきた地元 吾妻山への思いと、独自の盆栽哲学が秘められています。今回の展示を念頭に約1年前から世話をしてきた「吾妻五葉松」を主体に「文人(ぶんじん)」とか「懸崖(けんがい)」と呼ばれるタイプのものも候補に考えているようです。

強烈な色合いからくる印象が強く、何を描いたかが一瞬では判らないのだが、和の心を持ったアートだと感じ、眺めているとそれが飛行機雲かと思い始めるが、単に飛行機雲の美しさを切り取ったもので無いことに気づくのです。能から着想を得ていると言う作品は、新鮮で人目を惹付ける。その「能」に由来の「見立て」による作品が盆栽とコラボ展示する江口の『風姿』であり、見る人の心の中に重層的なイメージを呼び覚ましてくれるのです。全てスクエアーサイズからなるオリジナルプリトを展示致します。

研ぎ澄まされた感性と空間の美を感じさせるぼんさいや『あべ』の吾妻五葉松と、写真とも絵画とも違う描き方する江口の作品『風姿』は、「空間有美」や「見立て」と言う観点から共通点があり、また江口の撮影した盆栽の写真が、「あべ」の表現したい世界をズバリ捉えていたことから、「いつか東京で、二人展を開きたいね」と言う事で今回の開催となりました。

※1月11日15:00(受付:14時45分)より、ぼんさいや『あべ』三代目 阿部大樹氏による五葉松盆栽作りのデモンストレーションを予定。(要予約20名まで/☎:03-3248-8454)
※初代の「むやみに売ってはならぬ」との教えをいまも受け継がれておりますので、自ら手入れ出来る方限定で、お持ち帰りできる大きさの盆栽を、特別に限定販売の予定。無くなり次第終了。以上

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.