トップ > あざみ野フォト・アニュアル 長島有里枝展 知らない言葉の花の名前 記憶にない風景 わたしの指には読めない本
  

あざみ野フォト・アニュアル 長島有里枝展 知らない言葉の花の名前 記憶にない風景 わたしの指には読めない本

開催期間2019年1月26日(土)~2019年2月24日(日)
休館1月28日(月)
時間10:00~18:00
会場横浜市民ギャラリーあざみ野
ホームページhttps://artazamino.jp/event/azamino-photo-20190126/
住所神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
お問い合わせ先E-mail info@artazamino.jp  Tel. 045-910-5656
シリーズ「本を感じる」より From the series “Touch the book, Feel the stories”/2018年
山, ルツェルン, スイス Mountains, Luzern, Switzerland/2007
名札付きの植物 #24/Plants with labels #24/2008年
現代の写真表現を紹介するシリーズ「あざみ野フォト・アニュアル」2018年度の企画展は、長島有里枝の個展を開催します。
本展の構想は、2008年8月から2009年7月にわたって文芸雑誌『群像』に連載され、2009年に単行本化された短編集『背中の記憶』を起点としています。四世代にわたる家族の記憶を丹念に拾い上げたこの自伝的作品では、自身の幼少時代の記憶を基にした物語が生き生きと語られ、随所でカメラのレンズがフォーカスを合わせるように、写真的イメージを想起させます。
この展覧会は、『背中の記憶』の通読に応じてくださったある全盲の女性との対話から得たインスピレーション、長島が常々写真表現に感じているいくつかの疑問点等をコンセプトの中心に据え、近作や未発表作、インスタレーション作品により構成されます。「写真」と「テキスト」を従来とは異なる関係性において捉えようとする意欲的な試みとなります。本展における「写真」と「テキスト」は、それぞれが補完しあうものとしてではなく、一つの契機を共有する、異なる自立した表現として立ち現れることでしょう。

同時開催
平成30年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展
「暗くて明るいカメラーの部屋Guest Curator 野村浩」
https://artazamino.jp/event/azamino-photo-20190126-collection/

[基本情報]
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
入場料:無料

出品作家:長島有里枝 NAGASHIMA Yurie

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
協力:城西国際大学メディア学部クロスメディアコース、キリンビール株式会社、
   MAHO KUBOTA GALLERY
あざみ野フォト・アニュアル 平成30年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 「暗くて明るいカメラーの部屋」Guest Curator 野村浩
2019/1/26~2019/2/24

トップへ
TOMONARI
2019/3/12~2019/3/17
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.