トップ > ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭「カラスが見た都市」
  

ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭「カラスが見た都市」

開催期間2019年1月24日(木)~2019年1月24日(木)
休館月曜日
時間19:00ー21:00 
会場アートエリアB1
ホームページhttp://artarea-b1.jp/archive/2019/01241361.php
住所大阪府大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅地下1階
お問い合わせ先E-mail press@artarea-b1.jp  Tel. 06-6226-4006

人間にとって最も身近な鳥の一種であるカラス。古代より時に神格化され、時に忌み嫌われ、また邪魔者扱いされてきました。それでもカラスは、様々な方法を駆使して都会の環境の中でたくましく生き抜いています。今回は、大ヒット作『カラスの教科書』の著者であり、気鋭の動物行動学者の松原始さんをゲストにお迎えして、街中でよく見るカラスの行動の理由とその生態に迫ります。カラスの目線になって都市空間を眺めてみるとき、一体どんな違った風景が見えてくるのでしょうか?
http://artarea-b1.jp/archive/2019/01241361.php


日時:1月24日[木] 19:00ー21:00
定員:50名程度(当日先着順・入退場自由・参加無料)

ゲスト:松原始(東京大学総合研究博物館 特任助教)
カフェマスター:久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

ゲストプロフィール:
松原 始 まつばら・はじめ
1969年奈良県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館の特任助教。研究テーマはカラスの生態、行動と進化。「カラスに燃え、カラスに萌えるカラス馬鹿一代」と自称している。著書に『カラスの教科書』(雷鳥社、2013年)、『カラスの補修授業』(雷鳥社、2015年)ほか。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.