トップ > 柴田精一 新作展
  

柴田精一 新作展

開催期間2019年2月9日(土)~2019年3月9日(土)
休館休廊日:日・月曜日
時間11:00-13:00/14:00-19:00
会場ギャラリーヤマキファインアート
ホームページhttp://www.gyfa.co.jp/
住所兵庫県神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
お問い合わせ先info@gyfa.co.jp
《Untitled》2018 木、黄土、アクリル 17x20.5xh36cm
ギャラリーヤマキファインアートはこの度、柴田精一の3年ぶり4度目となる個展を開催します。新作を中心に柴田の新たな表現をご紹介いたします。

※2/9(土)17:00-19:00作家を囲んでのオープニングパーティを開催いたします。
どなた様もぜひお気軽にご参加ください。


柴田精一は1984年香川県生まれ。4歳より神戸で育ち、京都精華大学で洋画、京都市立芸術大学大学院美術研究科で彫刻専攻を修了後、関西を拠点に活動。2017年からは活動の拠点を九州・福岡県に移し、新たな環境で活動を開始しました。本展では、新たな局面を迎える柴田の新作を展覧いたします。

異なる文様と鮮やかな色彩と施した紙を幾重にも重ね、色とかたちを繊細に響き合わせた「紋切重(もんきりかさね)」シリーズで作家としての道を切り開いた柴田。その後、平面から徐々に立体へと作品の形態を進展させ、現在では木を用いたレリーフ作品を中心に制作を続けています。

万華鏡を覗き込むかのような美しい幾何学的意匠から一転し、2011年~2015年ごろには人物や動物、風景を題材に、より複雑な具象表現に挑みました。その背景には、幼少期から制作そのものに魅力を感じてきた自身の「手仕事から作品を生みだす」というスタイルから「主題から作品を生む」というプロセスの転換を図るねらいがありました。かつて身近に起こった殺人事件を発端としたショッキングさや“悪”という抽象的なモチーフに絵画、木版、張子といった様々な技術で迫ることで、描き出す空間と表現の幅を広げた柴田。しかしその挑戦は、図らずも原点である「つくることそのもの」を探ろうとする自身の関心をより強固なものにしていきました。一度距離を置いたはずの「制作行為」に再び視線を移し、その工程を客観的に分析し、2016年には、現在にも通じる木と黄土を用いたレリーフ《無題》シリーズを発表。色彩を排し、壁面に居並ぶ様相はどこか木製の船首や民族的なマスクとの対峙をも想起させ、研ぎ澄まされた形の中に土着的な要素を携えはじめます。

そして現在、神戸から福岡への移住を期に、幼児の造形教育に携わることで新たな立場を得た柴田は、与えられたモチーフやテーマを離れ、思いのままに描く行為に没頭するこどもたちの姿に、一種の無意識的な衝動を見出すとともに、自身の創作との共通項を鑑みています。それは、初期衝動こそが原動力であるプリミティブアート(原始美術)に通じる普遍性であり、「つくることそのものを主題」とした柴田の原点回帰であり新たな挑戦は、人間の創作の根幹に強く迫るものであると言えるでしょう。

無意識的な衝動の連続によって「つくることそのもの」をあぶりだしたいと語る柴田。本展では、過去の作品とともに前作から更に洗練された新作レリーフを展覧することで柴田の歩みをご紹介いたします。次なる表現の地平へと向かう柴田の意欲的な創作を、この機会にぜひご高覧ください。
「河口龍夫 <関係>の始まり」
2019/2/16~2019/3/16

トップへ
「Core 3」みくになえ・吉田仁美・野村昌平による3人展
2019/2/18~2019/2/28
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.