トップ > 夏休み企画 日本画どうぶつえん -栖鳳≪班猫≫/御舟≪炎舞≫特別公開-
  

夏休み企画 日本画どうぶつえん -栖鳳≪班猫≫/御舟≪炎舞≫特別公開-

開催期間2011年7月30日(土)~2011年9月11日(日)
休館月曜日
時間10:00~17:00 ※最終入館は16:30まで
会場山種美術館
ホームページhttp://www.yamatane-museum.or.jp/
住所東京都渋谷区広尾3-12-36
お問い合わせ先03-5777-8600

今年4月にジャイアントパンダが公開された上野動物園。愛らしいゴマフアザラシを一目見ようと年間40万人もの人々が訪れる旭山動物園。子ザルとウリ坊に注目が集まった福知山市動物園――。 日本各地の動物園に熱い視線が注がれているいま、お子様にも楽しんでいただける企画展を開催します。

動物が人々に愛されているのは、美術の世界においても例外ではありません。日本人は古くから動物や鳥、虫など、「いきもの」たちに魅了され、その姿を描いてきました。中国伝来の花鳥画以外にも、仏教絵画での神聖なる象や獅子、伝説上の麒麟や鳳凰、禅宗の龍虎図など、日本画における動物たちは、ときに宗教や信仰とも密接に関わりを持っています。 一方、近代日本画においては、こうした伝統を踏まえながらも、動物たちはより写実的に描かれてきました。それは、作家の視線が感じられる個性的な姿として、自由に表現されるようになります。

毛づくろいをする猫の緑色の目が印象的な竹内栖鳳≪班猫≫(重要文化財、~8/21展示)と、背筋をぴんと伸ばした猫の視線に身が引き締まる小林古径の≪猫≫(8/23~展示)。しんとした空気のなかに佇む山口華楊《木精》の、みみずく。竹内栖鳳≪鴨雛≫や小茂田青樹≪雛≫で描かれる、生まれたばかりの雛の愛らしさ。そして、トビウオの群れを描いた川端龍子≪黒潮≫の躍動感など、動物たちの姿にぜひご注目ください。

また、山種コレクションルームでは、速水御舟≪炎舞≫(重要文化財、8/23~展示)をはじめ、昆虫や両生類などを描いた作品も展示。まるで動物園に迷い込んだような会場で、絵画のなかに描かれた可愛い動物たちに囲まれて、“お気に入り”の1点を見つけてください。

竹内栖鳳 ≪班猫≫重要文化財 1924年(大正13年) 絹本・彩色
竹内栖鳳 ≪班猫≫重要文化財 1924年(大正13年) 絹本・彩色

山口華楊 ≪木精≫ 1976年(昭和51年) 紙本・彩色
山口華楊 ≪木精≫ 1976年(昭和51年) 紙本・彩色

速水御舟 ≪炎舞≫重要文化財 1925年(大正14年) 絹本・彩色
速水御舟 ≪炎舞≫重要文化財 1925年(大正14年) 絹本・彩色


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2017 Artefactory Inc. Allrights reserved.